グランドジャンプ メニュー

青春野球マンガの金字塔『キャプテン』。著者・ちばあきおの没後30年を経た今なお愛され続ける名作が、GJに蘇る!! 谷口、丸井、イガラシ…彼らの”その後“とは?『キャプテン』をこよなく愛するコージィ城倉が描く名作の続編、お見逃しなく!!

著者プロフィール/ちばあきお

兄・ちばてつやのアシスタントをする中、1967年デビュー。代表作は『キャプテン』『プレイボール』。魔球などを駆使する当時の野球漫画と一線を画し、等身大のキャラクターが仲間とともに努力しながら成長する過程を描き、スポーツ漫画の新しいスタイルを確立し人気を得た。1984年、41歳の若さで惜しまれつつこの世を去る。

著者プロフィール/コージィ城倉(コージィ じょうくら)

1963年生まれ、長野県出身。1989年漫画家デビュー。代表作は『砂漠の野球部』(小学館)、『おれはキャプテン』(講談社)など。漫画原作者(「森高夕次」名義)としても活躍、『グラゼニ』(講談社)『江川と西本』(小学館)などのヒット作を手がける。