集英社 グランドジャンプ公式サイト

グランドジャンプ連載陣

受賞作を読む!!

準入選 賞金15万円

『タンク・ファーザー〜チャーチルの異名〜』
鶴原佳幸(22歳)【20P】

あらすじ
20世紀初頭──第一次世界大戦の最中、独自の思考と信念を貫く男がイギリスにいた。「戦場」と「政局」という2つの舞台を往来し、強烈な存在感を放つ怪人物。彼の"兵器"は戦場の在り方を変えてしまう。その男の名は…
編集部講評
実在した歴史上の人物を題材に作品を描こうとする意欲を高く評価した。登場人物にも味があり、格好良かった。読切でありながら、「この話の続きを読んでみたい!」と思わせる構成も見事。別の作品にも大いに期待したい。
佳作 賞金5万円

『斉藤くん』
たか(38歳)【21P】

あらすじ
コンビニで働き始めた漫画家志望の青年。そこで出会ったのは、同じくアルバイトの「斉藤くん」。不器用な彼は、なんだか気になる存在で…!?
編集部講評
登場人物達の心理、会話の掛け合いの描写が絶妙で、抜群の人間観察力を窺わせる。ギャグなのに、どことなく哀愁を感じさせる物語も面白い。
佳作 賞金5万円

『少年ビバノン』
川野ようぶんどう(39歳)【14P】

あらすじ
主人公は2人。天使の少年と悪魔の少年。彼らの悩み(ほとんど性欲)は我々人間のそれと変わらぬ様子で……。ちょっとエッチな日常ギャグ!!
編集部講評
決して画力が高いわけではないのに、シチュエーションを構築するのは上手く、結果的にエロさを感じさせる。この作風をつきつめてほしい。

オンリーワンの異彩を放つ!!
最終候補作も!!!

  • 『HOME』
    川上勝(38歳)
  • 『Brother Eight』
    小森(33歳)

本誌編集長 藤江健司より総評

GJは未だ見ぬ才能を持った人々と一緒に「新たなヒット作品」を生み出したいと切に願っています。ただ、「ヒット作品」という実りを生み出す豊かな土壌は、すでに先人たちに耕され尽くされています。今から動き出すものたちは、誰もが目もくれなかった土地を耕すか? それとも、豊かな土壌で誰もやったことのない栽培方法を編み出すのか? 戦略と覚悟が求められます。GJと共に戦っていただける才能を待っています。

グランドジャンプ表紙

グランドジャンプ
No.20 大好評発売中!

特大号 特別定価:360円(税込)

グランドジャンプは毎月第1・3水曜日発売

グランドジャンプ表紙

グランドジャンプPREMIUM
9月号 大好評発売中!

定価:450円(税込)